自動車損害保険には、みなさんも知っているかと思われますが通称「等級」という略称で知られる数字付けドライバーに対してつけられます。正確にはノンフリート等級別料率制度という名で、保険の料金に大きく関わっています。等級とは、クルマの保険の被保険者の透明な料金設定を可能な限り保つことを目標とすることで事故を生じさせてしまう可能性ないしは自動車保険を利用する確度が高ければ高いほど保険の掛け金が値上げされます。しかし交通事故を起こす見込みがほとんどなく、自動車の保険を使用するとはあまり考えられない方に関しては良い加入者だろうと認められ、月額の掛金が低額になります。安全に自動車をりようするドライバーのほうがより有利な制度であるのでトラブルを生じさせてしまいやすい利用者には不利な機構だといえます。良い利用者と事故の確度が比較的高い運転者の保険の料金が同じ額だとアンフェアに感じてしまう人が大多数であるため保険を取り扱う会社側にとっても経営上のリスクを低減させるためにどうしても欠くことのできない制度だといえるでしょう。ここで、等級とはどんな機構なのか簡単にご説明いたします。最初に等級の数には1等級から20等級まで存在し、数が増加するたびに掛金が低廉になる枠組みになっていることが重要です。続いて、1等級から3等級の間においては安価にならず逆に保険料は引き上げられ、アクシデントを発生させて、保険を適用してしまうと3等級引き下げられさらに負担が増した車の保険を払うことになるのです。第三にまったく新規でクルマの損害保険に申請するときは六等級という位置からの開始となりそこから自分の数字が減るのか上がっていくのかはドライバー次第です。そのため保険の料金を安くしたい運転手は交通事故を防止するために日々余裕を持った運転に努めていくのがまずは一番大切といえるでしょう。