乗用車の《全損》とはその名が示すように車の全部が故障してしまう状況で、結果的に走ることが出来ないなど移動手段の車として働きを果たせなくなった状況で使われますが自動車保険における(全損)は多からず違った内容があります。乗用車の保険のケースでは乗用車が損害を受けた時に「全損と分損」という風に2つの結果に分けられ分損は修理費が保険金内でおさまる場面を示し、その場合とは逆に全損とは修理費が補償金を上回ることを言い表します。普通、乗用車の修復で全損と判断されると車の心臓、エンジンに重大な破損が起こったり、自動車の骨組みが歪んでしまって修繕が難しい場合リサイクルか廃車にするのが一般的です。しかしながら、自動車の事故を起こして販売会社や自動車の保険会社がこのような修理費を計算した場面でいかに表面的に綺麗で修繕が可能である状態でも修復の費用が保険よりも大きければ何の目的のために乗用車の保険入っているのか分からなくなります。そのような場合では、『全損』と決めてマイカーの権利を車の保険の会社に譲渡し補償金を頂くことになっています。かなりの時間乗った自家用車で未練があり、自分で費用を出して直してでも所持したいとおっしゃる人間はけっこういますから場合において保険屋さんと話し合ってみるといいかもしれません。また、自動車保険の種類によってはそういう場面を想定して特約など《全損》の際に特約が設けられている状態が多々あり、例え、愛車が『全損』なってしまっても新規購入等必要費用を多少なりとも払ってくれるサービスも存在します。さらに盗難にあった時の保険の特約をつけるならば、盗難被害にあった車が見つけることができない際でも全損と判断され保険が適用されるシステムになっているようです。