残念な事に現代では非常にたまにあるケースを外して金券のお店でカードを利用する事が出来る売店なんてありえません。上記の根拠から、JCB、MasterCard、Diners clubなどの商品券を使った遠まわしに使うクレジットカード使用の事例はほとんど現実的に使うということはできないです。じゃあどういう手段を使うと間接的クレジットができるのでしょう?と聞かれるとそれは近頃、皆知っている電子マネーといったPASMO、iD、Smart Plus、その他はICOCA、WAON、nanacoなど。そういうものを使用して遠まわしに使うクレジットカードをする事も可能になるのです。PASMO、Smart Plus、またはSuica、nanacoなどはクレジットカードで買うことが出来る券>Edy(エディ)、Webmoney、Smart Plus、であったりICOCA、VISA Touch、nanacoなどに慣れていない方々からしてみたらどことなく食わず嫌いな第一印象を憶測する可能性があるかもしれませんが、これらの電子マネーという物はただの金券です。MasterCard、NICOSなどののギフト券となんら違いはないのです。またこれらの電子マネーというものはカードを駆使して簡単に買い入れする事ができるのがメリットだったりするのです。その上電子マネーは現に、ネットショッピング始まりとして、飲食店や多種多様な売店などなどといった場所でも利用できる事になってきているようだ。「当販売店においてはクレジットカードはご実用にならないでください」という感じで明記しているような販売店での買い物でもPASMO、Webmoney、またはICOCA、nanacoなどであるなら利用できるケースがいっぱいあるのです(ローンポイントがきっちり貯まる)。クレジットが扱われていない店舗で段階を踏んでカードを利用する技術で、クレジットカードポイント分だけ得してほしいというやり方です。普段通りたくさんの買い物をエンジョイするのみではつかないポイントだから是非利用する事をやってみてほしいのです。